私たちは「農と人をつなぐ」をスローガンに、21世紀の新たな農業の形を築いていきたいと考えています。7人のメンバーが綴る泣き笑いのセルフ・レポートです。
by konefa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「農家アート展 in 湖北」、ご感想をいただきました。

6月5日〜26日まで
ぼくたちの地元JR河毛駅で開催された「農家アート展 in 湖北」

a0156857_23522760.jpg


展示をご覧いただいた方々のご感想を、
一部紹介させていただきます。


■「おはようございます」といつものように河毛駅に入ってすぐに目についたのがkonefa meets digmeout!
 私は和歌山市から時々電車で長浜に来て泊まり、翌朝ここへ来ます。目的は野鳥センターに行く。
 鳥達の美しい姿を半日ながめていやされて帰るのですが、今日はラッキーでした。

チャンキー松本さん:雪の湖北の美しい景色が素敵です。
          一番右のが特にきれい。
          又、鳥好きの私は右から四番目のも。
          冬枯れの水田でしょうか、ついばむ姿、美しい。

dannyさん:色使いがとってもいい!
      紙の白を活かし、とってもソフトに、しかも緻密!
      左端の作品は文章を読みながら見ると、
      温かな陽射しに植え付けられたばかりの稲の苗がやさしい。
      向こう向きに歩く農家の人の背に自信が見えます。

konefa book:これまでの取組み、今後の農業、
       すべてが安心な気持ちがしました。
       人々に安心と安全を、自然には尊敬を。
       しっかり伝わりました。

ありがとうございました。


■自然を大切に手間ひまかけてする「農」。
 日本人が忘れがちな「食」を大切にする心。
 「米」を作り出す「大地」。そこには「人と自然のアート」が生まれる。「田舎」がいいですね。


■原発事故や政治力低迷で揺れ続ける日本ですが、生命の基本というか根底にあるものは変わらなくて大切なものだと感じます。
 ”食”も最も大きなその中の一つだと思います。生き方や生活様式は様々で、いろいろな選択肢がありますが、”縁”あって今の自分のスタイルがある。
 大事にしていきたいと思います。
 konefaのみなさんも、ながーく、ながーく、続けていってくださいね。形は変化しても、続くことって大切ですよね。
 いつか息子にも見せてやりたいなと思いました。


■大阪で見るのとは違ってますね。こちらで見る方が味わい深く感じられました。来て良かった。



ご感想にもありましたように、大阪での展覧会とはまた違う、湖北の地ならではの展覧会となったのではと感じました。

ながーく、ながーく、“農と人をつなぐ”活動を展開していけたら、
何年後かには農業がもっと身近に、食がより豊かにより楽しくなってるんじゃないかなって、そんな風に思います。

農家アート展開催にあたり、ご尽力をいただきましたみなさま、展示をご覧くださったみなさま、このたびは誠にありがとうございました。


(家倉)
[PR]
by konefa | 2011-06-30 00:16 | イベント情報
メモ帳
Follow konefa_samurai on Twitter

Twitter / konefa_samurai
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧