私たちは「農と人をつなぐ」をスローガンに、21世紀の新たな農業の形を築いていきたいと考えています。7人のメンバーが綴る泣き笑いのセルフ・レポートです。
by konefa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:お勧めレシピ( 4 )

料理研究家・堀田氏のお勧めレシピ

かき餅のカナッペ(4枚分)

【かき餅】
(作り方)
1. 電子レンジで10秒温め、軟らかくなったらハサミで1/2のサイズにカットする。
2. さらに1分~1分30秒温めてカリッとなるまで温める。

【ベトナム風蒸し鶏】
a0156857_2265056.jpg

(分量)
・鶏胸肉・・・・・・・20g
・レタス・・・・・・・1つまみ
・大葉・・・・・・・・1枚
・パクチー・・・・・・適量
(なければミント)
・スイートチリソース・小さじ1
・ナンプラー・・・・・小さじ1/3
・塩・・・・・・・・・1つまみ

(作り方)
1. 鍋に塩を入れ水を沸騰させ、中火にしてからねぎの青い部分、黒胡椒の粒を入れる。
2. 沸騰させない程度の弱火にして、鶏胸肉にじっくり火が通るまで茹でる。
2. 茹であがった鶏胸肉は、手で5mm幅に裂いておく。
3. レタスは適当な大きさにちぎり、1cm幅にカットする。大葉は千切りにする。
4. パクチーは細かくカットする。(またはミントの葉をちぎっておく。)
5. スイートチリソースとナンプラーを混ぜてソースにする。
6. かき餅にレタスを敷き、その上に2の鶏肉をのせる。
7. パクチーまたはミントを飾ってソースをかければ完成。


堀田裕介氏のHP⇒http://web.me.com/ysksssc/HP/Home.html
堀田裕介氏の twitter(yusuke_hotta)⇒ http://twitter.com/ysksssc
[PR]
by konefa | 2010-06-28 02:28 | お勧めレシピ

料理研究家・堀田氏のお勧めレシピ

かき餅のカナッペ(4枚分)

【かき餅】
(作り方)
1. 電子レンジで10秒温め、軟らかくなったらハサミで1/2のサイズにカットする。
2. さらに1分~1分30秒温めてカリッとなるまで温める。

【バーニャカウダ】
a0156857_23334782.jpg

(分量)
・キュウリ・・・・・・5~10g
・パプリカ・・・・・・5~10g
・プチトマト・・・・・1個
・ラディッシュ・・・・1/5枚
・アンチョビ・・・・・3g
・ニンニク・・・・・・5g
・牛乳・・・・・・・・適量
・ピュアオリーブ油・・小さじ2
・黒胡椒・・・・・・・適量

(作り方)
1. キュウリ、パプリカは1cm角にカットする。プチトマトは4等分にする。
2. ラディッシュはスライスし、アンチョビは、細かく刻んでおく。
3. ニンニクの皮と芽を取り、牛乳で軟らかくなるまで茹でる。
4. 茹でたニンニクは、フォークでよく潰しペースト状にする。
5. 小鍋に、ピュアオリーブ油と、4のニンニクと5のアンチョビを入れ加熱する。
6. 全体を潰しながらかき混ぜ、ペースト状になればソースの完成。
7. 1の野菜を混ぜ合わせ、かき餅の上にのせる。
8. ソースをかけ、ラディッシュを飾り、黒胡椒を振りかければ完成。

(堀田)
[PR]
by konefa | 2010-05-08 23:37 | お勧めレシピ

料理研究家・堀田氏のお勧めレシピ

かき餅のカナッペ(4枚分)

【かき餅】
(作り方)
1. 電子レンジで10秒温め、軟らかくなったらハサミで1/2のサイズにカットする。
2. さらに1分~1分30秒温めてカリッとなるまで温める。

【海老豆】
a0156857_2159966.jpg

(分量)
・大豆の水煮・・・・・20g
・桜えび・・・・・・・10g
・ざらめ・・・・・・・10g
・酒・・・・・・・・・小さじ1
・醤油・・・・・・・・大さじ1/2
・みりん・・・・・・・小さじ1
・木の芽・・・・・・・適量

(作り方)※10倍量くらいが作りやすい分量です。
1. 鍋にざらめ、酒、醤油を入れ煮立ったら桜えび、大豆を入れる。
2. 弱火で煮込み何度か鍋返しをしながら、煮汁が少なくなったらみりんを加える。
3. 一煮立ちしたら火を止める。
4. かき餅の上に、海老豆をのせ、木の芽を飾って完成。

(堀田)
[PR]
by konefa | 2010-05-01 22:07 | お勧めレシピ

ステキなゲストをご紹介します!

a0156857_22342798.jpg


堀田裕介氏(料理研究家・写真左)

いまkonefaサムライプロジェクトが存在するのは、graf dining fudo シェフ堀田氏との出逢いがあったからと言っても過言ではありません。
「食材を育てる生産者のこと、生産地のことや環境のことをもっと知りたい」という強い想いをお持ちの堀田シェフとは、田園ドリームプロジェクトの活動を通してご縁を頂きました。
現在は料理研究家として独立され、フリーランスの料理研究家として生産者と消費者を繋ぐ活動をはじめ、幅広く活動を展開されています。
3月20日の田園ドリームプロジェクト#10では、「オコナイ/おいしいお餅の食べ方」のイベント内容企画からメニューに至るまでの監修、トークイベントの司会・進行に至るまで、大変ご尽力いただきました。
「現場を生で見て自分自身が体感し、お客さんに農業のライブ感を伝えたい!」
そんな想いで、滋賀にも何度も足を運んで下さいました。
同年代ということで、仕事だけではなくプライベート(スノーボード、農業イベント
等)でも仲良くして頂いてます。
先日の某イベントのケータリングでは、湖北の食材を使った斬新な料理を振舞われました。
これから、堀田氏提供のオススメレシピを随時UPしていきます!
堀田氏よりkonefaメンバーに一言いただきました。「農家はかっこいい!」ありがとうございます。

堀田裕介氏のHP⇒http://web.me.com/ysksssc/HP/Home.html
堀田裕介氏の twitter(yusuke_hotta)⇒ http://twitter.com/ysksssc

(家倉)
[PR]
by konefa | 2010-04-29 22:41 | お勧めレシピ
メモ帳
Follow konefa_samurai on Twitter

Twitter / konefa_samurai
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧