私たちは「農と人をつなぐ」をスローガンに、21世紀の新たな農業の形を築いていきたいと考えています。7人のメンバーが綴る泣き笑いのセルフ・レポートです。
by konefa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

konefa魂の配達人

【2010・01・27】
a0156857_10211695.jpg

a0156857_10213833.jpg

コネファメンバーの熱い魂をお届けに、大阪へ行ってまいりました。
3月20日に大阪grafさんにて開催される、コネファのイベントの打ち合わせです。

個性豊かな人たちが集まって、色々意見がぶつかりました。
あーでもない、こーでもないなどと言っていると、素晴らしい意見がでるもんです。

今回、大阪へ向かうことができたメンバーは4人でしたが、
やはりコネファのメンバー全員がいないとできないことばかりで
全員ならできるイベント、さらには農業の再生、日本の洗濯なんだなと感じました。

一人は皆のために、皆は一人のために。

これができたら、本当に豊かな国になれるんじゃないか。

(吉安)
[PR]
by konefa | 2010-01-29 10:35

湖北でビッグイベント開催!

【2010・1・25~26】
a0156857_2129699.jpg

a0156857_21293751.jpg

120人の若手農業者が近畿各地から米原市に集結して開催された「近畿農村青少年会議」。
まず行なわれたのはプロジェクト発表会。
これは農業の後継者が、事業運営を行なっていく上で直面する技術上あるいは経営上の様々な課題を解決するための研究活動を発表するもの。地区大会を勝ち抜いた各府県代表者のプロジェクトは、どれも農業というまだまだ未開の地に一石を投じるものだった。
a0156857_21295775.jpg

その後、盛大に行なわれた交流パーティー。これだけの人数の若手農業者が一堂に会することは1年に1度しかなく、特に今回は数十年に1度の地元開催ということもありとても感慨深いものだった。
a0156857_21301595.jpg
全国農業青年クラブ会長であり、若者向け農業雑誌「Agrizm」の編集長でもある荻原昌真さん(スーツの方)とkonefaメンバーが初遭遇。
http://www.agrizm.jp/

a0156857_21304824.jpg
初対面であっても農業という共通のキーワードさえあれば大丈夫。
農業者の高齢化?確かそんなノイズがあったな。大丈夫。今日が夜明けだね!

(立見)  
[PR]
by konefa | 2010-01-26 21:42 | konefa日記

第3回メンバー紹介

a0156857_373525.jpg

名   前     吉安 純一郎  JUNICHIRO YOSHIYASU
生年月日      1980年6月28日
好きな歌手     JUN SKY WALKERS
好きな武士     坂本龍馬
栽培作物      いちご 
家倉くんに一言     「konefa顔面偏差値ナンバーワンは俺だ!」
ブログをご覧の皆様に一言    「konefaを通じて人生を豊かにしましょう!出て来いや~!」

純野菜王国HP→http://junoukoku.com/

人よりも多く勉強したいという思いから1年間の浪人生活を経て大学進学。
大学卒業後は地元の農業法人で経験を重ね、2007年2月に独立。
konefaの中では最も多くのギャグを所有しているが、スマッシュヒットは1つもない。
また、コネファの中では最も上品な家庭で育ったが、その反動なのか現在では会話の半分は下ネタである。
しかし、夜景や星を眺めることが趣味というロマンチストな一面も。
常に楽しいことを模索し、進化し続けるkonefaのエンターテイナー。

a0156857_39195.jpg

「来る」「来ない」「来る」「来ない」....花びらをちぎりながら女房の帰りを待つ吉安くん。
本当の幸せって何だろうね。

(立見)
[PR]
by konefa | 2010-01-22 03:17 | メンバー紹介

konefa新年会2010

【2010・1・15】

長浜市内の居酒屋で開かれたkonefa新年会。参加者は28人。
みんなが赤い顔でそこらじゅうを行ったり来たりしている。
こんな時にうつむいてしょんぼりしているヤツはどこのどいつだなんて思っていたら、そんなヤツはどこにもいなかった。
こういう場に熱が生まれるかどうかは、会場の人口密度に影響される。
東京ドームの1000人より居酒屋の28人。

2軒目に向かう途中で聞こえてきた「キャーーー!」という獣の鳴き声に、自分たちが自然豊かな湖北で暮らしていることを再認識する。
自然動物との共存。それは農業とは切り離せないテーマだった。
楽しい時間はあっという間に終わり、今はこうしてブログを書いている。
気がつくと目の前の景色は一瞬で変わる。

a0156857_163817100.jpg
a0156857_16382653.jpg

全体写真がうまく撮れなかった....。一説によると素人がうまく写真を撮れるのは100枚に1枚くらいの確率らしい。誰か指導してください(泣)
a0156857_16411040.jpg

いかにも仲良しって感じの2人。だが実際にはそれほどでもない(笑)
a0156857_16412925.jpg

部屋の隅で怪しい会話に没頭する2人。まだまだ思春期らしい。
a0156857_16414455.jpg

なぜかペアルックの左の2人。
田舎には同じ服しか売ってない....とは決して思わないでください!

(立見)
[PR]
by konefa | 2010-01-19 16:42 | konefa日記

第2回メンバー紹介

a0156857_03571.jpg

名   前     塩見 和宏  KAZUHIRO SHIOMI
生年月日      1979年1月9日
趣   味     旅行
資   格     調理師免許・管理栄養士
好きな俳優     クリント・イーストウッド
農業とは      挑戦 
栽培作物      水稲・パッションフルーツ 

2008年に大阪で開催された新・農業人フェアをきっかけに、住み慣れた兵庫県尼崎市を離れ長浜市の農業法人へ。約2年間の研修を終え、まもなく念願の独立を果たす。
日本の農業を間違いなく担っていくであろう次世代のホープだ。
どんな無茶振りにもつきあってくれるノリのよさが魅力。
電話をかけると必ず出るので、「この人、本当に仕事をしているのか?」という噂が絶えることはなく、「先日、平日の昼間に人面犬を追いかけていた」という情報も入ってきたが、今回の取材で目の当たりにした、彼の仕事に対するひたむきな姿勢によって疑惑は晴れたとみていい。
a0156857_033988.jpg
   
なぜか突然トラックの荷台に上り、ペットボトルのフタで手酌をし始める塩見くん。きっと故郷の尼崎を思い出しているのだろう。そんな彼の目にはキラリと光るものがあった。

新・農業人フェア→http://www.nca.or.jp/Be-farmer/event/index.php

(立見)
[PR]
by konefa | 2010-01-15 00:08 | メンバー紹介

雪、それはエンターテイメント

【2010・1・8】
a0156857_15161440.jpg

冬型の気圧配置が強まり、滋賀県では7日も北部を中心に雪が降り続き、大雪警報が発令されました。7日午前の積雪量は米原市甲津原で165センチ、長浜市余呉町中河内で152センチに達しました。このため私たちkonefaのメンバーも連日雪かき作業に追われています。
a0156857_1516248.jpg

しかし、雪がもたらすものは決してマイナス面だけではありません。子供たちにとって雪合戦や雪だるま、カマクラ作りは最高の遊びになりますし、シロップをかけることにより天然のかき氷を食べることだってできます。
a0156857_151633100.jpg

また、冷静さを失った時には頭を冷やすことも可能です。ただし、人目につかない場所でやらないと気がふれた変質者と間違われて警察に通報されます。
                                          
(立見)
[PR]
by konefa | 2010-01-08 15:29 | konefa日記

人と人を繋ぐもの

konefaの夢 
其の壱 【人と人を繋ぐ農業体験イベント「konefa祭り」の開催】

~つなぐ~
これがkonefaが目指す農業体験イベントのテーマです。

参加していただく皆様には、農作業の体験だけにとどまらず、日常の生活では決して交わることのない様々な人々と触れ合っていただくことも大切だとkonefaは考えています。
1つの作業を共同で行ない、みんなで汗を流す。
自分たちで収穫したお米、野菜で料理を作り、みんなで食べる。
そんな人と人との触れ合いの中で、参加したみんながあしたからまた元気に生きていくためのエネルギーの交換ができる場になればと思っています。

農業体験イベントを言葉で語り切ることはできません。
ぜひ農業をLIVEで体感するために湖北へ遊びに来てください。
イベントの主役はみなさん1人1人です。
参加するみんなで思い出に残るイベントを創り上げてみませんか。
今後konefaで詳細を協議し、開催が決まり次第改めて告知させていただきます。         
                  
(立見)                 
a0156857_20223339.jpg

※写真は12月30日に開催された餅つきイベント(参加者39名)
[PR]
by konefa | 2010-01-05 20:39 | konefaの夢

konefaに史上最大の黒船来航

a0156857_1165591.jpg

【2009・12・29】

親交のある大阪のgraf さん(http://www.graf-d3.com/)とエルマガジンさん(http://www.lmaga.jp/)など大阪から18名を迎え、konefaとの共催で43人を動員して湖北で開催された忘年会。

受付業務を終えて会場へ入ると大阪の方々はもう既に完全に出来上がっていた。
熱気が凄い。乾杯の前から異様な盛り上がり。これが大阪のパワーなのか....。
挨拶が始まった。まずい....。会長である私にも一言求められるはずだ。
前に出る。笑いを求められているのはわかったが何も浮かばない。
その時「会長、チャック開いてるよ~」と鶴の一声。とりあえず笑いは起きた。
しかし、後が続かず中途半端に終わってしまう。
その後の自己紹介でもスベり続け戦闘意欲が削がれていく。
こういう時に頼りになるはずのメンバーの吉安くんは「今回だけは参加できない」というよくわからない理由で不在。宴会部長の高井くんも大阪チームの熱気に押され戦意を喪失していた。
アカペラの歌謡ショーが始まった。身の危険を感じる。断るべきか、歌うべきか。
指名が来た。
ここは歌うしかないと一念発起し熱唱するも、迷いがますます盛り上がりを遠ざけた。
独白した。「人はここまでスベることができるのか」
席に戻る。ずっと話し相手をしてくれていた大阪のアヤノさんが「悔やみの言葉をかけたほうがいいだろうか」という顔をしている。
私はメンバーに片手をあげると、トイレに行くふりをして逃げ出した。
逃げるように立ち去ったのではない。本当に逃げ出したのである。
その後、靴が行方不明になるというアクシデントにも見舞われ、私の心は完全に事切れた。
                                          
(立見)
[PR]
by konefa | 2010-01-03 01:34 | konefa日記

konefaとは

a0156857_5275089.jpg
konefa(http://konefa.com)とは、湖北ニューファーマーズ(kohoku new farmars)の略でコネファと発音します。
滋賀県の北部に位置する長浜市、米原市で農業を担っている青年農業者の組織です。
農業という職種は個人経営が多く、同僚が少ない、もしくは同僚がいないという特性を持っています。
そのため近隣の農業者が集結して組織を作り、農業全般の情報交換、各種イベントなどを行なっています。
メンバーの存在は、刺激し合えるライバルであり、プライベートを共有できる楽しい仲間でもあるといえます。
そんなkonefaが、農業を発信するために少しずつ外へ向けて動いて参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

2010年1月1日   平成21年度konefa会長 立見 茂
[PR]
by konefa | 2010-01-01 05:35 | konefaとは
メモ帳
Follow konefa_samurai on Twitter

Twitter / konefa_samurai
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧