私たちは「農と人をつなぐ」をスローガンに、21世紀の新たな農業の形を築いていきたいと考えています。7人のメンバーが綴る泣き笑いのセルフ・レポートです。
by konefa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「農家アート合宿2011」 前編

まだ記憶に新しい今年の2月6日に開催された大阪アメリカ村でのイベント、農家アート祭「konefa meets digmeout」。(http://konefa.exblog.jp/12191901/

昨年の農業とアートの融合によって生まれた作品の数々が、大阪アメリカ村のdigmeout ART&DINNERにおいて展示され、大盛況のイベントとなりました。


今回の農家アート第2弾のラストがどういう形になるかまだ未定ですが、エリアを湖北から滋賀県全体に広げてより広く、より濃く、農家とアーティストの方が関わり、お互いに人と人の親睦を深め、農業を体験して作品にするというテーマで、8月16、17、18日の3日間、農家アート合宿を行ないました。


1日目は滋賀県竜王町でのぶどう狩りと、もも狩りです。

初めに、諸田さんが経営する竜王川守観光ぶどう農園でぶどう狩りをしました。
竜王川守観光ぶどう園(http://www.eonet.ne.jp/~kawamoribudou/
a0156857_23111854.jpg

ぶどうの樹が作る自然の天井の下で涼しく、諸田さんとお話ししました。

今にもこぼれおちそうに熟したぶどう☆

食べだすと甘くておいしくて止まらないやまらないで、一気に2房ぺろりと食べれました^^v

諸田さん(写真)は脱サラして家族や周りの人達、地域の方々の支えもあり2002年度よりぶどう園経営をスタートしておられます。

a0156857_23165166.jpg


園内は、170.5ha約550本のぶどうの木があります。

アーリー、キンデラ、ヒムロッド、ベリーA、レッドパールなど。

たくさんの種類のぶどうを、自然と人にやさしい減農薬有機肥料で栽培しておられます。
滋賀県こだわり農産物認証を取得されています。


次に谷村さん(下・写真中央)が経営する谷村農園でもも狩りです。
谷村農園(http://www.eonet.ne.jp/~shiga-ryuoh-akio/

谷村さんは谷村農園の3代目です。

谷村さんのおじいさんが植えた15,6年の樹を大切に育てられている農家さんです。

a0156857_233296.jpg


ワイルドに、手際よく、その場でナイフを使って皮をむかれました。

ももは自然なやさしい甘さがしました。

湖北地区でない農家さんと話しをしたり、職場を拝見し、体験することはあるようでなかなかないことで、働く姿勢や考えなど新鮮でいい刺激になりました。


諸田さんと谷村さんにお別れして、長浜に移動してみんなで姉川温泉へ。

夜は長浜市高山のキャンプ場でバーキューと宿泊。

a0156857_2350466.jpg

a0156857_2351115.jpg

a0156857_23552027.jpg

アーティストCHO-CHAN(ちょーちゃん)デザインのTシャツを着る、左から家倉、藤田さん(大戸洞舎)、梅村くん(グリーン藤栄)となぜか自前Tシャツで写ろうとする国王こと吉安。

写真の通りものすごい筋肉の梅村くんは高島市の農家さんで米を中心に農業されてます。

筋肉もすごいですが、キャラもすごいです。

農業に対する熱い気持ちが内からあふれ出るように、パワフルにエネルギッシュにトークをされます。

梅村「おれはこう思う。お前はどう思うんだ。」

夢の中でも何度も梅村くんの言葉が出てきたような気がします笑

私、高田と同じ年齢ですが、どのように育てば梅村くんのようになれるのか^^.)
と感心しました。

a0156857_0161550.jpg

師範代の腕前を持つ中島の尺八。

山の木々と響きあうような豊かな重低音。

中島の伴奏でみんなで肩を組んで大熱唱しました♪

(高田)
[PR]
by konefa | 2011-08-31 00:30 | konefa日記

「稲刈りイベント2011」

a0156857_22502276.jpg

a0156857_22505935.jpg

a0156857_2251335.jpg


6月5日の田植えイベントから4ヶ月。
みんなで植えたあの小さな苗が、いよいよ実りの時を迎えます!

今年の稲刈りイベントでは、稲株の残る田んぼにビニールハウスのアーチを組んでのフットサルも企画しています。
皆様のご参加をお待ちしております!!

日時:9月25日(日) 9時30分~16時
※前日17時の時点で降水確率70%以上の場合は誠に勝手ながら中止とさせていただきます。(参加者の皆様へは中止の場合のみ、代表者の方にお電話にてご連絡させていただきます)
集合場所:滋賀県長浜市 JR河毛駅西口 (9時5分集合)
内容:5年間農薬化学肥料不使用の田んぼで稲刈り&はさがけ・湖北の旬を使った料理と釜炊きご飯のお食事付き・マルシェ同時開催
参加費:3000円(500円の金券+新米のお土産付き) 小学生1500円、小学生未満無料 
締め切り:9月18日(日) 定員(50名)になり次第、締め切らせていただきます。
お問い合わせ・お申し込みはメールにてお願いいたします。
(宛先:kade77@gaia.eonet.ne.jp 件名:稲刈りイベント2011参加希望 
※参加を希望される方全員の氏名、代表者の電話番号、現地までの交通手段をご記入のうえお申し込みください
        
持ち物・服装:タオル、汚れてもよい靴・服装(長袖・長ズボン)、帽子

稲刈りイベント集合場所 JR河毛駅西口


(立見)
[PR]
by konefa | 2011-08-25 22:57 | イベント情報

大豆の成長 畝間潅水(うねまかんすい)

暑い日が続きます
しかも、雨がまったく降らない!

大豆が枯れてしまうかもしれないほどカラカラです

そんなときに畑に水を入れてやリます
元々田んぼに大豆を蒔いているので用水路は整備されているので
水は入りやすいのです
a0156857_1620993.jpg


ただ水を入れると草も勢いよく生えてきます
あまり水を入れたくないのです

が、しかし

ちょうど今、大豆の花盛り

花が枯れて実をつけてくれます
枝豆になり、枯れて大豆になる

大事な時です
a0156857_1621482.jpg

たくさん水分とって大きくなれよ

(清水)
[PR]
by konefa | 2011-08-14 16:22 | 大豆成長レポート

コネファサムライプロジェクト新メンバー

コネファサムライプロジェクトに新しく加わった高田充といいます。

自己紹介します。

元々は教員志望で教員採用試験に合格して内定をもらいました。

しかし、単位取得見込みで受験したため、単位不足となり採用取り消しとなりました。泣

次の年、再受験するという手もありますが、いきなり再受験すると、


採用者「こいつ、反省もなく、また受けにきやがった。」


的な雰囲気になるらしく、間を空けることにしました。

時間ができたので、前から気になっていた農業をしようと思いました。

うちは農家ではありませんが自分家で食べる分くらいの野菜が作れる畑があります。

じいちゃんもばあちゃんも畑をしていました。

そのため自分も

「退職したら畑するやろーなぁ。」

とぼやっと想像していました。

よくうちに近所のおじちゃん、おばちゃんが自家製の野菜を持ってきてくれるのですが、
なぜかみんな楽しそうなんです!

この前も村の人々とみんなで大阪に出かけることがあったのですが、

おばちゃん「都会もめずらしくてええけど、やっぱ畑してるときが一番やな!」

と楽しそうに言い切っておられました。

よく同年代の友達と話したりしてると、

「今が楽しいければいい。」

「年とってからのことは知らん。」

「太く短く生きてじじいになる前に死にたい。」

というような刹那的な話しをよく耳にします。

このような若者の価値観は西洋的に感じます。

精神分析の創始者フロイトの定めるライフサイクルには壮年期でおしまいです。
老年期というのがないのです。

友達の考えはこのようなフロイトのような西洋的考えのような気がします。

それに対して近所のおばちゃんは東洋的です。

東洋では孔子が有名です。

30歳にして立ち、40歳で戸惑うことがなくなり、50歳にして天命を知る。70歳にして心おもむくままに行動しても道理に違うことがなくなる。というような話しです。

まさにおばちゃんは孔子ではないでしょうか。

自分なんかでも、

「年とったら物忘れ多くなるし、どんどんだめになってくやろなー。」

と想像してしまったりしてしまいますが、近所のおばちゃんはそんなことありません。

今まさに生き生きと暮らしておられます。

そんな姿をまじまじと見せつけられますと、どうも農業が気になるわけです。

考えててもよーわかりませんし、時間があったので、試しに滋賀県旧湖北町にある農業法人、「大戸洞舎」(おどふらしゃ)で半年間、働いてみました。

お笑い、音楽、ファッション、アート、料理、どのジャンルでもそうですが、プロの世界と趣味の世界には違いがあります。

農業も同じで

「腰をつぶす気か!」

という作業がよくあります。

それでも

「やっぱ農業いいな。」

とつくづく感じるところがあったので、農業人フェアという農業の仕事に就職する人のための、合同説明会に参加し、3月から「吉田農園」で従業員をしています。今は教師の道に進むことは考えていません。

将来のことは見通しが立ちませんが、吉田農園で働くにしても、独立するにしてもなんにしても、マーケティングということは今の農業に欠かすことはできないと思ったため、このプロジェクトに参加することにしました。

こんなに長々と話すつもりはなかったんですが話してしまいました笑

普段はそんなにおしゃべりな方ではなく、聞き上手、話しやすいと言われるとうれしくなるタイプの人間です。

よろしくお願いします。

自分家の畑でエゴマ、たかきび、にんにくを育てました。

去年、雑穀のたかきびを育てましたが、量が少なかったためどうしようと思っていたら、近所のおっっちゃんがたかきびの穂を集めてほうきが作れるとおしえてもらったので自分で作ってみました。

そのほうきです。
a0156857_025754.jpg


食いしん坊です。
嫌いな食べ物がないのが取り柄です。
胃もたれをしたことがないです。
というより胃もたれしても食べれてしまいます・・・
a0156857_1133058.jpg


子どものようにはしゃぐこともあります♪
a0156857_1182488.jpg


(高田)
[PR]
by konefa | 2011-08-09 00:35 | メンバー紹介
メモ帳
Follow konefa_samurai on Twitter

Twitter / konefa_samurai
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧