私たちは「農と人をつなぐ」をスローガンに、21世紀の新たな農業の形を築いていきたいと考えています。7人のメンバーが綴る泣き笑いのセルフ・レポートです。
by konefa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

konefaに史上最大の黒船来航

a0156857_1165591.jpg

【2009・12・29】

親交のある大阪のgraf さん(http://www.graf-d3.com/)とエルマガジンさん(http://www.lmaga.jp/)など大阪から18名を迎え、konefaとの共催で43人を動員して湖北で開催された忘年会。

受付業務を終えて会場へ入ると大阪の方々はもう既に完全に出来上がっていた。
熱気が凄い。乾杯の前から異様な盛り上がり。これが大阪のパワーなのか....。
挨拶が始まった。まずい....。会長である私にも一言求められるはずだ。
前に出る。笑いを求められているのはわかったが何も浮かばない。
その時「会長、チャック開いてるよ~」と鶴の一声。とりあえず笑いは起きた。
しかし、後が続かず中途半端に終わってしまう。
その後の自己紹介でもスベり続け戦闘意欲が削がれていく。
こういう時に頼りになるはずのメンバーの吉安くんは「今回だけは参加できない」というよくわからない理由で不在。宴会部長の高井くんも大阪チームの熱気に押され戦意を喪失していた。
アカペラの歌謡ショーが始まった。身の危険を感じる。断るべきか、歌うべきか。
指名が来た。
ここは歌うしかないと一念発起し熱唱するも、迷いがますます盛り上がりを遠ざけた。
独白した。「人はここまでスベることができるのか」
席に戻る。ずっと話し相手をしてくれていた大阪のアヤノさんが「悔やみの言葉をかけたほうがいいだろうか」という顔をしている。
私はメンバーに片手をあげると、トイレに行くふりをして逃げ出した。
逃げるように立ち去ったのではない。本当に逃げ出したのである。
その後、靴が行方不明になるというアクシデントにも見舞われ、私の心は完全に事切れた。
                                          
(立見)
[PR]
by konefa | 2010-01-03 01:34 | konefa日記
メモ帳
Follow konefa_samurai on Twitter

Twitter / konefa_samurai
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧